広報いちかわ  2007年5月12日号

編集 千葉県市川市 企画部 広報課

発行 千葉県市川市 電話 047-334-1111(市役所本庁代表)

本ページに関するご意見ご要望は こちらのページより お願いします。


  前号のトップページ


No.1234  今週号の目次
メタボリックシンドロームにご用心
テレビ市川CATV9ch・市川エフエム放送


検査数値「ちょっと高め」が落とし穴
メタボリックシンドロームにご用心



 最近、よく耳にするようになった「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」。これは、内臓に脂肪が貯まり過ぎている人が、高血圧、高脂血症、高血糖などの危険因子を2つ以上持っている状態を示す呼び名で、心臓病や脳卒中を始め、さまざまな病気の引き金となります。
 メタボリックシンドロームの大きな要因は、食べ過ぎと運動不足。病気のリスクを高めないために、今一度、生活習慣を見直しましょう。

(保健センター 成人健康教育担当)

おなか周りが気になり始めたら要注意!
 肥満には、太ももやお尻の周りの皮下に脂肪が貯まる「皮下脂肪型肥満」と、内臓の周りに脂肪が貯まる「内臓脂肪型肥満」の2タイプがあります。メタボリックシンドロームは「内臓脂肪型肥満」によるもので、皮下脂肪と違って見た目に分かりづらく、ついつい油断しがち。気付かないでいると、やがて動脈硬化を引き起こし、取り返しのつかないことにもなりかねません。おなか周りが気になり始めたら、それは、メタボリックシンドロームの注意信号です。


内臓脂肪を貯め込まないで!
 メタボリックシンドロームの原因は、内臓脂肪の蓄積です。食べる量を減らしたり、活動量を増やしたりして生活習慣を改善し、内臓脂肪を減らしましょう。
運動 もっと体を動かそう!
 通勤や買い物などでは一つ先のバス停まで歩く、エレベーターではなく階段を使う、会社などでは別のフロアのトイレを利用するというように、日常生活の中で体を動かす機会を増やしましょう。
食事 腹八分目に控えよう!
 栄養のバランスを考えながら、全体量を減らしましょう。1日3食を規則的に食べる、よくかんでゆっくり食べる、食器を小ぶりな物に変えるなど、少しの努力の継続が大きな効果を生みます。
禁煙 行動パターンを変えよう!
 朝起きてすぐに吸う習慣があるなら、先に洗顔や着替えを済ませましょう。また、昼食後はさっと席を立って散歩をするなど、喫煙タイムを作らないのも一つの方法です。

☆タバコはメタボリックシンドロームの共犯者
 タバコを吸うと、血圧や心拍数が上昇して心臓に負担がかかります。また、中性脂肪を増やしたり、善玉コレステロールを減らして悪玉コレステロールを増やしたりすることで、血栓ができやすくなり、動脈硬化を促進させてしまうため、病気のリスクはさらに高まります。


腹囲の計測方法:両足をそろえて立ち、両腕は体の横に自然に下げて。体の力を抜き、息の吐き終わりに、へその高さの腹囲を測ります。※スカートやズボンのウエストサイズとは異なります。
あなたは大丈夫?
 次の[1]に加え、[2]〜[4]の2項目以上に該当するとメタボリックシンドロームです。まずは、おなか周りを計ってみましょう。
[1] 内臓脂肪型肥満
腹囲…男性85cm以上、女性90cm以上
[2] 血中脂質
中性脂肪(トリグリセリド)値150mg/dl以上
HDLコレステロール値40mg/dl未満
の両方またはいずれか
[3] 血圧
収縮期(最高)血圧値130mmHg以上
拡張期(最低)血圧値85mmHg以上
の両方またはいずれか
[4] 血糖値
空腹時血糖値110mg/dl以上

一人では予防や改善に自信がない方、保健センターが応援します!
メタボリックシンドローム予防講座
〜ためよう筋肉 減らそう脂肪


1日コース
 メタボリックシンドロームについて分かりやすく説明し、運動も紹介します。
内容=講義「メタボリックシンドロームについて/医師」「内臓脂肪を減らす生活習慣/保健師」「内臓脂肪を減らす食生活/栄養士」、運動「日常生活に運動を取り入れよう/運動指導士」
日時=6月23日(土)午後1時〜4時
会場=保健センター
対象・定員=市内在住の方、50人程度
申し込み=6月8日(金)までに電話(047-377-4511)で保健センター成人健康教育担当へ。

長期コース
 講義や運動指導の他、実践記録(体重、食事、運動の取り組み)をメールで報告してもらい、それについて保健師が応援メッセージを送ります。
日時=[1]6月23日(土)午後1時〜4時30分(午後4時までは1日コースと合同)、[2]11月17日(土)午後1時〜4時(情報交換会とウォーキング) ※[1]を受講した後にメールで数回実践報告をし、[2]を受講。
会場=保健センター
対象・定員=市内在住の60歳以下で、おなか周りが気になる、パソコンの操作ができる、継続して薬を服用していない、[1][2]2回の講義に参加できる、のすべてを満たす方、50人
申し込み=6月8日(金)までに、市のホームページから電子申請するか、申請書をダウンロードして保健センター成人健康教育担当(〒272-0023市川市南八幡4-18-8)へ郵送(6月8日の消印有効)。


保健センターのホームページにもメタボリックシンドロームの情報を掲載しています。

 先頭に戻る



テレビ市川 CATV9ch「マイタウンいちかわ」


5月12日(土)〜18日(金)

特集: 1%支援制度市民活動団体プレゼンテーション パート2

放送時間 10時/12時/15時/21時30分

市川 エフエム放送 83.0MHz「エコーいちかわ」

月曜日〜金曜日 10時/16時

(広報担当)

 先頭に戻る




広報Topへ戻る    先頭に戻る