2007年8月

 
8月4日 サマー動物教室開催

とても暑いこの日、毎年、恒例のサマー動物教室が開催されました。

1〜2年生がなかよし広場、3〜4年生がサル舎、5〜6年生が家畜舎に分かれて体験をしました。
午後はモルモットやヒヨコの心臓の音を聞いたり、動物病院やフライングケージを見学したり、楽しい一時を過ごしました。

サマー動物教室の写真1 サマー動物教室の写真2
入校式です 午後はフライングケージの見学
サマー動物教室の写真3 サマー動物教室の写真4
動物病院には興味深い道具がいっぱい! 心臓の音も聞いてみます
 

 

 
8月12日 調理室探検!

毎回、好評いただいている調理室探検、この日も猛暑の中、たくさんの方が参加してくださいました。

次回は12月の予定です。

 

 

 
8月13日 記念撮影スポット!

開園20周年を記念して園内2ヶ所に記念撮影スポットを設置しました。
1ヶ所は入口ゲート、ヒトも動物たちもみんな仲間だよ!をコンセプトに動物たち(イラスト)と一緒にパチリ。

もう1ヶ所は、カナダカワウソ、マーモセット舎の奥。顔を出して写真が撮れる楽しい物を設置しました。
シロフクロウ、カナダカワウソ、アライグマに変身!、アライグマは洗えるように手も出せます。

みんなで写真を撮ってくださいね。

 

撮影1 撮影2
顔を出して撮ってみよう! 場所はカナダカワウソのうしろ
撮影3 撮影4
これは入口ゲートに設置 ヒトのプレートを使いたいヒトは
入口ゲートのヒトにいってね
 

 

 
8月17日 レッサーパンダ、次郎の死亡

猛暑が続いているこの日、熱射病で、次郎(オス)が死亡しました。

レッサーパンダは暑さに弱いため、室内にはエアコンが取り付けてあります。
パンダ自身で、室内と放飼場を自由に出入りできるようにしているのですが、放飼場へ出ている間に体調崩し、倒れてしまいました。早急に対処しましたが、高齢ということもあり、残念ながら死亡しました。

鈴鈴が死亡したすぐ後に次郎までも。
非常に残念です。

この猛暑の中、レッサーパンダが、放飼場に出ていない場合もあります。ご理解のほどお願いいたします。なお、レッサーパンダ1号舎には室内展示場がございますので、レッサーパンダが室内にいても姿が見られます。

 

 

 
8月18日 地震の影響

夕方に地震がありました。ちょうど、オランウータンの収容時でした。

オランウータンは午前中にスーミーとウータン、午後にイーバンを放飼しているのですが、閉園後、短時間ではありますが、もう一度、スーミーとウータンを放飼します。

まさに収容の真っ最中、地震がありました。これに驚いた、ウータンが怖がって、部屋の中に入って来られなくなってしまいました。入らなかったというよりは、入って来られなくなったというのが正しい表現だと思います。結局、18時50分頃、やっとスーミーに連れられてウータンは部屋に入ることができました。

 

 

 
8月26日 開園20周年記念式典

市川市動植物園が開園したのは1987年の夏でした。あれから20年。
この日、開園記念式典を実施いたしました。命名募集していたミニチュアホースの結果発表。
ミニ鉄道の新しい駅舎オープン。たくさんの皆様に祝っていただきました。

これからも市川市動植物園をよろしくお願いいたします。

 

開園式典写真1 開園式典写真2
おめかししてスタンバイ中 名前は「ベニー」に決まりました
開園式典写真3 開園式典写真4
たくさんの来園者の皆さんに参加していただきました 新駅舎完成記念、駅名を披露
開園式典写真5 開園式典写真6
くす玉も割りました。これは手作りのモノ。
見事に割れました!
この日は特別にミニSLが登場!
本物の蒸気をあげて走ります
 

 

 
8月26日 レッサーパンダ写真コンクール大賞作品展示開始

先に行われました、写真コンクール−レッサーパンダ−で、大賞に輝いた作品の個体ラベルが完成いたしました。

写真だけでなく、パンダの紹介コメントもそれぞれ大賞に輝いた方々に考えていただきました。コメントもお楽しみに!

一日でも早く、皆さんに!と、26日から展示しています。

残念ながら写真コンクール後に死亡した、鈴鈴と次郎のパネルも近日中に場所を設けて展示いたします。

レストハウス2階のレストランにこの個体ラベル案内文を作成いたしました。各テーブルに配置してございます。
こちらもご覧ください。

パンダプレートの写真
 

 

 
8月30日 ニホンアナグマの死亡

14才になるニホンアナグマのチビが死亡しました。

 

 

もどる topへ