自然観察週報

 2000年1月9日〜1月15日 




〇気象のようす
 

 1月12日に、大町では初雪が降りました。雨があられになって、じきに大きなぼた雪になりました。でも、八幡あたりでは、みぞれまでにしかならなかったそうです。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
1月9日(日)
 
 
柏井雑木林
 
 
クリオオアブラムシ
 
 
 クリの木の幹の北側にたくさんの卵がついていました。黒いつぶつぶがびっしりついていて、ちょっと気味悪い感じです。
 
 
金 子
 
 
1月11日(火)
 
 
大町公園
 
 
カブトムシ
 
 
 腐葉土の中に、まるまると太った幼虫がいました。「天然もの」は、やはり大きくて立派です。
 
 
金 子
 
 
1月11日(火)
 
 
大町公園
 
 
ルリビタキ
 
 
 冬の人気者ルリビタキが、今年もカメラマンに餌付けされてしまいました。いい写真を撮るために野生生物を餌付けするというのはどうかと思いますが、すぐに餌付いてしまうルリビタキの方も、野生生物らしからぬ習性と言えるかもしれません。
 
 
金 子
 
 
1月15日(土)
 
 
柏井雑木林
 
 
オジロビタキ
 
 
 林の縁で、木の枝と地面とを行き来していました。地上に下りて、餌を探していたのでしょうか?尾をツンと上げるしぐさと、尾の横側の白い部分が特徴的でした。
(柏井散策会にて)。

 
 
金 子
 
 
1月15日(土)
 
 
柏井雑木林
 
 
オオイヌノフグリ
 
 
 少しだけでしたが、日溜まりで咲いていました。ほかにもハコベ(コハコベ)やセイヨウタンポポも咲いていて、ハンノキも咲いていました。ハンノキが1月中旬に咲くというのは、ちょっとびっくりです。
(柏井散策会にて)。

 
 
金 子
 





フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る