自然観察週報

 2000年2月6日〜2月12日 




〇気象のようす
 

 8日の夜は短時間でしたが激しい吹雪になりました。翌日の朝は一面白かったのですが、すぐに融けてしまいました。その後は晴れて風の強い日が多かったです。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
2月8日(火)
 
 
自然観察園
 
 
ニホンアカガエル(卵塊)
 
 
 1月中旬に産みつけられた卵からはおたまじゃくしが泳ぎだしていました。その後しばらく産卵が見られませんでしたが、やっと卵塊が3個みられました(6日の夜間に降りました)。
 
 
宮 橋
 
 
2月8日(火)
 
 
自然観察園
 
 
ニワトコの芽吹き
 
 
 ニワトコが芽吹き、小さな葉の中には花芽が包まれていました。他にアジサイも芽吹いていました。
 
 
宮 橋
 
 
2月10日(木)
 
 
江戸川放水路
 
 
ヒバリ
 
 
 堤防上で数羽、見られました。時々さえずりながら飛び立ちました。
 
 
金 子
小 川
 
 
2月10日(木)
 
 
江戸川放水路
 
 
ハマシギ
 
 
 数年前より、冬に見られる鳥の数が減った感じです。ハマシギは数羽しか見られず、セイタカシギはゼロ、シロチドリも数羽程度で、カモ類もオナガガモ、マガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモがぼちぼちでした。
 
 
金 子
小 川
 
 
2月10日(木)
 
 
江戸川放水路
 
 
ノスリ
 
 
 右岸側の河口付近で、1羽のカラスに追われながらも、ゆっくりと飛んでいました。
 
 
金 子
小 川
 





フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る