自然観察週報

 2000年2月27日〜3月4日 




〇気象のようす
 

 3月4日に、ほぼひと月ぶりにまとまった雨がありました。コブシの芽も一気にふくらむ、恵みの雨です。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
2月28日(月)
 
 
自然観察園
 
 
モズ
 
 
 2羽が、仲睦まじく、寄り添うようにして枝にとまっていました。かつて「大町自然公園」と呼ばれていた10年以上前には、子育てをしたこともあります。いよいよ生き物たちの繁殖シーズン到来です。
 
 
金 子
 
 
3月2日(木)
 
 
自然観察園
 
 
ウグイス
 
 
 今年初めて、ウグイスのさえずりを聞きました。朝からシジュウカラやメジロの動きも活発になり、春も間近です。
 
 
小 川
 
 
3月2日(木)
 
 
坂川旧河口
 
 
キタテハ
 
 
 陽気に誘われて、姿を現したようです。オオイヌノフグリやホトケノザの花も咲いて、春らしくなって来ました。
 
 
金 子
 
 
3月2日(木)
 
 
坂川旧河口
 
 
キジ
 
 
 一般の人が入れない柳原排水機場の敷地を、立派なオスのキジが歩いていました。
 
 
金 子
 
 
3月3日(金)
 
 
自然観察園
 
 
ニホンアカガエル
 
 
 2月の雨が少なかったので、産卵が遅れています。1月の卵がすでにおたまじゃくしになっている一方で、まだ産卵できずにウロウロしている親ガエルも見られます。この日は、卵、おたまじゃくし、親ガエルをすべてみることができました。
  江戸川区立上一色小学校2年生のみなさんと。
 
 
金 子
 





フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る