自然観察週報

 2000年3月5日〜3月11日 




〇気象のようす
 

 三寒四温の言葉どおりの、周期的な天気の移り変わりです。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
3月5日(月)
 
 
自然観察園
 
 
ニホンアカガエル
 
 
 前夜の雨で、産卵したようです。産みたての卵塊が、27個見つかりました。
 
 
金 子
 
 
3月5日(日)
 
 
派川大柏川付近
 
 
タヌキ
 
 
 車のライトに驚いて道路をしばらく走った後、ヨシの茂みの中に入ってゆきました。
 
 
宮 橋
 
 
3月7日(火)
 
 
真間山付近
 
 
ウグイス
 
 
 墓地の茂みでさえずっていました。
 
 
金 子
 
 
3月7日(火)
 
 
湾岸道路市川大橋付近
 
 
モズ
 
 
 橋のたもとのフェンスにとまっていました。北部の林の付近ではよく見かけますが、埋立地の近くでは珍しいです。
 
 
金 子
 
 
3月7日(火)
 
 
江戸川放水路
 
 
ナズナ
 
 
 日当たりのいい土手で、白い花を咲かせていました。
 
 
金 子
 
 
3月7日(火)
 
 
大町小学校校庭
 
 
サクラ
 
 
 ヤエザクラは数輪咲いているのを見つけました。カンヒザクラのつぼみは花びらが少し見えていました。
大町小5年2組の皆さんと
 
 
宮 橋
 
 
3月11日(土)
 
 
北方ミニ自然園
 
 
カヤネズミ
 
 
 環境教育プログラム「緑の寺子屋」の講師をした時に、積んであったわらの束の中から、カヤネズミらしいものの丸い巣が見つかりました。カヤネズミは春と秋の年2回の繁殖なので、秋の繁殖の時に使った巣と思われます。
 
 
金 子
 





フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る