自然観察週報

 2000年3月19日〜3月25日 




〇気象のようす
 

 暖かい日が多くなってきました。


月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
3月21日(火)
 
 
自然観察園
 
 
コブシ
 
 
 ひとつふたつと、ようやく咲きだしました。町中のハクモクレンの方が早い感じです。
 
 
金 子
 
 
3月21日(火)
 
 
自然観察園
 
 
カワモヅク類
 
 
 絶滅の恐れがある、淡水性の藻類です。自然観察園でも、生育できるほどの水質の場所がなくなりつつあるため、ごく小さな株しか見られません。昔は、大きな株が流れの中でそよそよしていたそうです。
 
 
金 子
 
 
3月25日(土)
 
 
自然観察園
 
 
ヤマトシジミ
 
 
 幼虫がカタバミを食べるシジミチョウで、今年羽化したばかりの個体がオオイヌフグリの花で吸蜜していました。
 
 
清 野
 
 
3月25日(土)
 
 
自然観察園
 
 
スジグロシロチョウ
 
 
 幼虫がアブラナ科植物を食べるシロチョウで、モンシロチョウに非常に似ている種類です。やはり、今年羽化したばかりの個体が数頭、園内の湿地を飛んでいるのが見られました。この日は、他に越冬したキタテハも目撃しました。
 
 
清 野
 





フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る