自然観察週報

 2000年6月18日〜6月24日 


〇気象のようす

  梅雨の中休みがあって、ふたたび梅雨寒となりました。

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
6月19日
(月)
 
 
自然観察園
 
 
クマノミズキ
 
ふつうのミズキに遅れること、ひと月。クマノミズキの花が満開になりました。花が少ない時期ということもあってか、セイヨウミツバチがものすごくたくさん来ていて、あたりの空気が羽音で震えていました。キアゲハやキタテハ、ミドリシジミ、スジグロシロチョウなどのチョウやコアオハナムグリなども、来ていました。

 
金 子

 
6月21日
(水)
 
 
自然観察園
 
シロスジカミキリ 
 
夜、樹液の出ているヤナギで交尾をしていました。他にノコギリクワガタの交尾が2組同じ場所で見られました。コクワガタもオス、メス両方の個体がいましたが、こちらの方はまだ交尾をする様子はまったくありませんでした。

 
清 野

 
6月22日
(木)
 
北方遊水池
 
ギンヤンマ
 
田んぼに連結したギンヤンマのペアが飛来していて、盛んに産卵していました。

 
金 子
宮 橋

 
6月22日
(木)
 
大野調整池
 
オオヨシキリ
 
調整池の中は人が入れないアシ原になっていて、声高らかにさえずるオオヨシキリが何羽もいました。

 
金 子
宮 橋


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る