自然観察週報

 2000年6月25日〜7月1日 


〇気象のようす

   梅雨が続いています。

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者

 
6月25日
(日)

 
旧江戸川
水閘門付近
 

 
チョウゲンボウ
 
川ぞいの木にとまっていて、近づくと飛び立ちました。至近距離て見られたので、ずいぶん大きく感じられました。自然観察会にて。
 

 
金 子小 川


6月25日
(日)

 
江戸川放水路 新行徳橋下

 
トビハゼ
 
梅雨寒の曇りの日でしたが、ずいぶん干潟に出ていました。巣穴も見られ、巣を専有しているペアも観察できました。自然観察会にて。
 

 
金 子
小 川

 
6月26日
(月)
 
自然観察園
 
ミクリ
 
市内の他の場所から保護移植した希少種です。一時は自然観察園でも減っていましたが、今年は株も増え、花もちょうど咲き始めました。
 
 
金 子
 
6月26日
(月)
 
自然観察園
 
ネムノキ
 
斜面林の濃い緑を背景にして、鮮やかなピンクの花が咲き始めました。
 
 
金 子
 
6月26日
(月)
 
自然観察園
 
チダケサシ
 
湿地の管理で草刈りをした時に刈らずにいた株が、次々に花穂を伸ばして、紅色の細かな花を咲かせています。
 
 
金 子
 
6月29日
(木)
 
江戸川放水路
 
アイアシ
 
ヨシ(アシ)に似た植物で、おもに海岸沿いに生育します。海の環境である江戸川放水路には多く、ちょうど花が咲き始めました。
 
 
金 子
小 川
 
7月1日
(土)
 
江戸川
 
ヒヌマイトトンボ
 
ここ数年、発生状況がよくないのですが、とりあえずオスの成虫を2頭確認しました。
 

 
金 子
宮 橋


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る