自然観察週報

 2000年7月9日〜7月15日 


〇気象のようす

   まだ前線が残っているものの、実際には梅雨が明けたような暑い晴天の日が続きました。

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
7月9日(日)
 
自然博物館付近
 
 
ヒグラシ
 
 
台風一過の暑い日でした。
夕方に、カナカナカナとヒグラシの声がいくつも聞こえてきました。
 
 
金 子
 
 
7月9日(日)
 
自然観察園
 
 
アサギマダラ
 
 
午後3時過ぎ、噴水池近くの園路を飛んでいる個体が見られました。市川市では稀に見られるチョウで、どこかで繁殖したものが台風に乗ってやってきたものと思われます。
 
 
清 野
 
 
7月10日(月)
 
自然観察園
 
 
キイトトンボ
 

 
鮮やかな黄色の、やや大きなイトトンボです。水辺の茂みをゆっくりと飛んでいました。
 

 
金 子
 
 
7月12日(水)
 
柏井雑木林
 
 
クロスジギンヤンマ   
 
林の池は満水で、美しいクロスジギンヤンマがなわばりを形成していました。
ほかにシオカラトンボ、ショウジョウトンボ、ナツアカネ、ノシメトンボ、コノシメトンボなどがいました。
水中にはカトリヤンマのヤゴもいました。
 

 
金 子
小 川
 


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る