自然観察週報

 2008年3月30日〜4月5日 


〇気象のようす

  暖かい日が続き、ソメイヨシノが一気に満開になりました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
4月3日(木)
 
堀之内貝塚公園
 
イヌノフグリ
 
市内でここにしかないイヌノフグリが見えなくなったと、いつも見てくださる方から知らされました。あわてて見に行くと、いつもの場所は環境が変わっていてわずかしかありませんでしたが、場所を移して咲いていました。細々生き延びている感じです。
  
 
金子
 
4月3日(木))
 
堀之内貝塚公園
 
アマナ
 
以前から株は多数見ていましたが、今回、開花時期にぴったりで、一面に咲いていました。春らしい野草できれいでした。
  
 
金子
 
4月3日(木)
 
堀之内貝塚公園
 
カントウタンポポ
 
いつもと同じように、あちこちで立派な株が咲いていました。シロバナタンポポも咲き始めていました。
  
 
金子
 
4月4日(金)
 
長田谷津
 
鳥の巣作り
 
シジュウカラが、屋根に生えたコケをついばんでは、口いっぱいにくわえていました。 巣材にすると思われます。別の場所では、エナガが繭のようなものをほぐして綿状にしたものをくわえて飛んで行きました。これも巣材にするのでしょう。
  
 
宮橋
 
4月4日(金)
 
長田谷津
 
アトリ
 
モミジの根元で、盛んに落ち葉の下をついばんでいました。カワラヒワも混じっていましたが、通行人にはアトリの方が敏感に反応して、地面から飛び立っていました。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る