自然観察週報

 2008年4月6日〜4月12日 


〇気象のようす

  4月8日は、台風のような嵐になりました。強風と冷たい雨で、入学式の学校はかわいそうでした。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
4月11日(金)
 
市営霊園
 
フデリンドウ
 
開花のようすを見に行きました。曇りだったので、あまり開いていなかったのかもしれませんが、数本だけ確認することができました。
  
 
金子
 
4月11日(金)
 
市営霊園
 
ニオイタチツボスミレ
 
開けた草原に群生するスミレです。市内最大級の群落がありますが、しっかり花を咲かせていました。
  
 
金子
 
4月12日(土)
 
坂川旧河口
 
ノウルシ 
 
貴重なノウルシの群落は、今年もみごとに花を咲かせていました。ノカラマツとフジバカマの芽出しも確認できました。
  
 
金子
 
4月12日(土)
 
坂川旧河口
 
ヒバリ
 
旧河口の広い空から、賑やかなさえずりが聞こえてきました。市内でも数少なくなった、広い空が残る場所です。 
  
 
金子
 
4月12日(土)
 
坂川旧河口
 
カントウタンポポ
 
坂川の旧河道沿いにある群落が花盛りでした。人の手が入らず、人があまり立ち入らないので、昔からあまり環境が変わらず、そのため、生き残っているのでしょう。
  
 
金子
 
4月12日(土)
 
親子ふれあい農園
 
レンゲ
 
丹精されたレンゲ畑で花が咲き始めました。風景が急速に春の姿に変わってきました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る