自然観察週報

 2008年5月4日〜5月10日 


〇気象のようす

  半袖で過ごせる日もあれば、思わず上着を引っ張り出して着た日もありました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
5月4日(日)
 
長田谷津
 
ハクウンボク
 
観察園の北側、大町門を入ったところの事務所に植わっているハクウンボクがたくさんつぼみをつけていました。満開の時は、とてもきれいそうです。
  
 
金子
 
5月4日(日)
 
長田谷津
 
エゴツルクビオトシブミ
 
今年も、たくさんのゆりかごがぶら下がりました。成虫もたくさん見られました。
  
 
金子
 
5月9日(金)
 
中山
 
クマバチ
 
小学校の校内で、子どもたちと自然観察をしました。敷地のあちこちでクマバチが空中でホバリングして、なわばりを見張っていました。メスが来るのを待っているのでしょう。
  
 
金子
 
5月10日(土)
 
中国分
 
ノアザミ
 
外環の関係で木が切られて出現した草原の環境に、市内ではほとんど見られなくなったノアザミが咲いていました。ちょっとうれしい発見でした。
  
 
金子
 
5月10日(土)
 
堀之内貝塚公園
 
ニセアカシア
 
ちょうど、満開でした。天気の悪い日でしたが、甘い香りがほのかに漂っていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る