自然観察週報

 2008年7月6日〜7月12日 


〇気象のようす

  梅雨が明けたかのように暑い日が続きました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
7月6日(日)
 
長田谷津
 
ハンゲショウ
 
ちょうど咲き始めました。花序の下の葉が白くなっていました。まだ色変わりしたばかりなので、純白で、梅雨の暗い谷の中で浮かび上がるように見えました。
  
 
金子
 
7月6日(日)
 
長田谷津
 
ヒキガエル
 
今年生まれの小さなヒキガエルが斜面林にいました。同じく今年生まれのアカガエルも湿地や池で見られました。
  
 
金子
 
7月6日(日)
 
長田谷津
 
ニイニイゼミ
 
今年初めて、ありのみコースの近くの斜面林から声を聴きました。聴いた状況では、鳴いていた個体は1頭だけのようでした。
  
 
清野
 
7月9日(水)
 
長田谷津
 
ヒグラシ
 
ニイニイゼミに続き、ヒグラシの声がようやく聞かれました。いよいよ夏、本番です。
  
 
金子
 
7月11日(金)
 
長田谷津
 
ヤンマ類
 
日没後の暗がりで、空を見上げるとヤンマ類が数匹、飛び交っていました。オニヤンマもいましたが、それより小ぶりのヤンマも飛んでいました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る