自然観察週報

 2008年9月7日〜9月13日 


〇気象のようす

   好天に恵まれた週でした。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
9月7日(日)
 
長田谷津
 
ツリフネソウ
 
名札付けの日、湿地のあちこちでツリフネソウが紫色の花を咲かせていました。緑の湿地に、ツリフネソウとツユクサが群生する様子は、晩夏から初秋へと移り変わる季節にふさわしい風景でした。
  
 
金子
 
9月9日(火)
 
市川南ビオトープ
 
ギンヤンマ
 
草刈りをして広くなった水面に、ギンヤンマとシオカラトンボが来ていました。堤防の土手ではトノサマバッタがあちこち飛んでいました。湿地ではタコノアシとカンエンガヤツリが咲いていました。
  
 
金子
 
9月10日(水)
 
木内ギャラリー
 
ハラビロカマキリ
 
展示会の片付けをしていると、外の手すりをハラビロカマキリが歩いていました。まだ幼虫でした。わりと住宅地で見かけるカマキリです。
  
 
金子
 
9月11日(木)
 
江戸川放水路
 
トビハゼ
 
江戸川放水路の干潟でトビハゼを見ました。今年生まれの小さな個体があまり見えなかったのは、青潮の影響があるのでしょうか?
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る