自然観察週報

 2008年10月12日〜10月18日 


〇気象のようす

   朝晩は冷え込み、風邪気味の人が増えてきました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
10月16日(木)
 
江戸川放水路 
 
ウミニナ類
 
久しぶりに左岸の水管橋の下に行きました。小学生との干潟の生き物観察だったのですが、ウミニナ類の一種がたくさんいて驚きました。以前にトビハゼの調査で回ったときはまったく見られなかったものです。ヤドカリが殻を背負っているので以前は生息していて、その後絶滅したと考えていましたが、再び姿が見られてよかったです。
  
 
金子
 
10月18日(土)
 
長田谷津 
 
アキアカネ
 
湿地の草刈りをして広い水面を出したところ、アキアカネが次々に舞い降りてきました。数日前にはなかったことなので、ここ何日かの間に山から下りて来たのでしょう。
  
 
金子
 
10月18日(土)
 
長田谷津 
 
ガマの穂
 
快晴の日、ガマの穂からは白い綿毛が次々に飛んでいきました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る