自然観察週報

 2008年10月26日〜11月1日 


〇気象のようす

   週末の11月1日に、昨年より17日早い木枯らし1号が吹きました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
10月26日(日)
 
長田谷津 
 
カシラダカ
 
湿地からホオジロの声?、と思ったら、カシラダカが飛び出してきて柳の木にとまりました。
  
 
宮橋
 
10月27日(月)
 
長田谷津 
 
アカネ 
 
たくさん咲いたアカネに、少しですが実がつきました。まん丸な実で、色はまだ緑色です。
  
 
金子
 
10月30日(木)
 
長田谷津 
 
ニホンアカガエル
 
自然観察の小学生が、お腹が真っ赤で卵で膨らんだメスカエルを、何匹も捕まえていました。気温が下がったためか、動きが鈍く捕まりやすかったようです。ケースに入れるとクククと小さく鳴いていました。
  
 
宮橋
 
10月31日(金)
 
長田谷津 
 
冬鳥
 
アオジやカシラダカなどの冬鳥が一気に増えました。まだ姿は表しませんが、ツグミ類の声も聞こえました。
  
 
宮橋
 
10月31日(金)
 
北方遊水地 
 
オオバン
 
立入り禁止区域の池に、オオバンが5羽以上いました。他に、マガモやコガモなどのカモ類がいました。
  
 
宮橋
 
10月31日(金)
 
大柏川   (北方4丁目)  
 
コガモ
 
落差の下に、コガモ、オカヨシガモなどのカモやコサギが集まっていました。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る