自然観察週報

 2008年12月14日〜12月20日 


〇気象のようす

   週初めに、12月らしい強い冷え込みがあり、霜が下り霜柱が立ちました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
12月16日(火)
 
長田谷津
 
コサギ
 
噴水のある池の中に降りて歩いていました。この池は20年前にアシ原だったところを掘り上げたものです。年々埋まり、ついにコサギが歩ける深さになってしまいました。
  
 
金子
 
12月16日(火)
 
長田谷津
 
フクロウ
 
アスレチック前の湿地にいると、斜面林からひと声聞こえました。そろそろ巣作りの場所を探し始めているのでしょうか。
  
 
金子
 
12月20日(土)
 
河原
 
ユリカモメ
 
行徳橋の脇のグラウンドは、よく水たまりができています。ユリカモメにはちょうどいい休み場所のようで何羽もが降り立っていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る