自然観察週報

 2000年8月20日〜8月26日 


〇気象のようす

   かなり厳しい残暑です。雨もほとんど降っていません。

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
8月21日
(月)
 
 
自然観察園
 
 
ヤマガラ
 
 
シジュウカラやメジロに混じって、1羽、見られました。
 
 
金 子
 
 
8月21日(月)
 
 
自然観察園
 
 
ヤマカガシ
 

 
湿地の環境復元作業中に、出てきたアカガエルを追って、ヤマカガシが草の中から出てきました。
 

 
金 子
 
 
8月23日(水)
 
 
自然観察園
 
 
ハッカ
 
 
いわゆるハーブのミントと混同されていますが、ハッカは日本に昔から自生している植物です。湿地では普通に見られ、秋に花を咲かせます。
 
 
金 子
 

 
8月26日(土)
 

 
行徳鳥獣保護区
 

 
トビハゼ
 
 
保護区の泥干潟に、今年生まれのトビハゼの幼魚がたくさんいました。小さいながらに、成魚と同じように泥の上で跳ねたり、寝ころがったりしていました。
 

 
宮 橋
金 子
 


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る