自然観察週報

 2009年1月4日〜1月10日 


〇気象のようす

   ぐっと冷え込みました。9日朝、都内でも初雪が記録されました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
1月4日(日)
 
長田谷津
 
オオイヌノフグリ
 
ひだまりで咲いていました。ほかにノゲシやノミノフスマも咲いていました。
  
 
宮橋
 
1月4日(日)
 
長田谷津
 
ジャノヒゲ
 
斜面林の林床にある株を見ると、青いまん丸な実をいくつもつけていました。冬とは思えぬ華やかさです。
  
 
金子
 
1月4日(日)
 
長田谷津
 
ムラサキツバメ
 
成虫越冬のシジミチョウです。アオキの葉で翅を広げて日光浴をしていました。見ていると、飛ぶことさえありました。
  
 
金子
 
1月8日(木)
 
柏井キャンプ場   
 
ホソミオツネントンボ 
 
今年もちゃんと、雑木林の中で越冬していました。あの小さい体で、どこから飛んでくるのでしょう。葉を落とした枝の先や横に、枝そっくりにとまっていました。
  
 
金子
 
1月8日(木)
 
柏井キャンプ場   
 
カワラヒワ
 
賑やかな群れが、あちらこちらと飛び交っていました。。
  
 
金子
 
1月9日(金)
 
長田谷津
 
カシラダカ
 
雪の予報が出ていた早朝、シジュウカラに混じって、園路脇数十pの草の上で採餌していました。カワセミが園路に止まっていたり、人が少ないと、野鳥はどこかのんびりです。
  
 
宮橋
 
1月9日(金)
 
長田谷津
 
ハシブトガラス
 
何か赤いものを持って枝にとまったので見ると、ヒヨドリらしき肉片を食べ始めました。途中の園路には羽根や内蔵が散らばっていました。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る