自然観察週報

 2009年2月15日〜2月21日 


〇気象のようす

   北風の吹かない晴れの日は、すっかり春の気分です。晴れと雨が周期的にやってきます。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
2月17日(火)
 
長田谷津
 
ふきのとう
 
市内では既に盛りを過ぎた場所もあるようですが、長田谷津のふきのとうはようやく顔を出し始めました。
  
 
金子
 
2月17日(火)
 
長田谷津
 
ショウブ
 
湿地の枯れたヨシやアメリカセンダングサを取り除くと、下からはショウブのみずみずしい芽が伸びていました。
  
 
金子
 
2月17日(火)
 
長田谷津
 
ムラサキケマン
 
日当りのいい乾いた土手では、ムラサキケマンの繊細な葉が伸びてきていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る