自然観察週報

 2009年3月8日〜3月14日 


〇気象のようす

   週の初めと終わりは雨で、間の日は陽がさして、暖かい陽気でした。14日には台風並みの強風が吹き荒れました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
3月8日(日)
 
大柏川調節池
 
アオサギ
 
調節池のいちばん深い区域は池になっていますが、枯れ草にまぎれてアオサギとダイサギが群れてかくれていました。水面にはコガモが群れ、時折カイツブリの声が響きました。
  
 
金子
 
3月12日(木)
 
鬼高
 
サンシュユ
 
ショッピングセンターの駐車場で咲いていました。植栽でも、樹木の少ない地域なので、季節を知らせる木の花は貴重に見えます。
  
 
宮橋
 
3月13日(金)
 
長田谷津
 
アズマヒキガエル
 
三角池と噴水池の2箇所で卵塊が見られました。三角池の水中にはまだヒキガエルの姿が見られましたが、ウシガエルの死体も浮いていて、蛙合戦のピークは過ぎたように見えました。
  
 
宮橋
 
3月13日(金)
 
長田谷津
 
スナヤツメ
 
3匹が湧水の流れの中で身をくねらせ、時折白い腹を見せていました。今年も無事産卵したようです。
  
 
宮橋
 
3月13日(金)
 
長田谷津
 
オシドリ
 
1ペアが来ていました。他のカモよりも、すぐに林の中に入って、かくれてしまいます。
  
 
宮橋
 
3月13日(金)
 
長田谷津
 
コブシ
 
つぼみがほころんで、長い間着ていたふかふかの芽鱗を落として、白い花が見え始めている木があります。
  
 
宮橋
 
3月13日(金)
 
じゅん菜池緑地
 
アズマヒキガエル
 
自然環境ゾーンの水辺から、声が聞こえていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る