自然観察週報

 2009年4月5日〜4月11日 


〇気象のようす

  気温が高く空気の乾燥した、爽やかな日が続きます。週末には各地で真夏日が記録され、半袖姿が目立ちました。残っていた桜の花が見る間に散ってしまいました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
4月5日(日)
 
長田谷津
 
シオヤトンボ
 
羽化したばかりのシオヤトンボがよろよろと飛んでいました。植物園の阿部さんによると、今年はヒヨドリに狙い打ちにされて食べられているそうです。
  
 
金子
 
4月5日(日)
 
長田谷津
 
カサスゲ
 
冬に枯れ草を全面的に刈り込んだ湿地は、伸びだしたカサスゲの緑に覆われました。つぼみもあがっていました。
  
 
金子
 
4月7日(火)
 
長田谷津
 
アトリ
 
頭が黒い夏羽をしたアトリが1羽いました。園路の近くで、のんびりと地面をついばんでいました。
  
 
宮橋
 
4月7日(火)
 
長田谷津
 
ミシシッピーアカミミガメ
 
甲羅干しをする姿が目立つようになりました。ザリガニやアオダイショウなども姿を見せ始めています。
  
 
宮橋
 
4月7日(火)
 
長田谷津
 
ミツガシワ
 
花が咲き出しました。噴水池の東岸ではよく咲いています。
 
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る