自然観察週報

 2009年5月3日〜5月9日 


〇気象のようす

  冷たい雨が降る肌寒い日のあとは一転して初夏の陽気で、5月らしい変化の激しい気象でした。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
5月3日(日)
 
長田谷津
 
ツリバナ
 
ちょうど見ごろになりました。枝垂れた枝からたくさんの花が咲いて、見上げると野趣に富んだ美しさが感じられます。
  
 
金子
 
5月3日(日)
 
長田谷津
 
メジロ
 
声高らかにさえずっていました。青葉の斜面林から聞こえてきました。
 
 
金子
 
5月3日(日)
 
長田谷津
 
アオスジアゲハ
 
満開のクレソンにいろいろなチョウが集まっていました。アオスジアゲハが目を引きました。
 
 
金子
 
5月8日(金)
 
八幡小学校
 
クスノキ
 
花が咲いていました。センダンやニセアカシア、ミカン、テイカカズラもきれいでよい香りがしていました。校庭の隅の大きなクワの木には青い実がたくさんついていました。
 
 
宮橋
 
5月9日(土)
 
長田谷津
 
ヒタキ類
 
久しぶりに青空の見えた朝、オオルリとキビタキのさえずりが谷津に響き高原の朝のようでした。オオルリは羽根の色からまだ若鳥のようで、鳴き方もまだ練習中でした。
  
 
宮橋
 
5月9日(土)
 
長田谷津
 
巣立ち雛
 
シジュウカラとヤマガラの、それぞれ雛鳥を連れた家族がいました。雛鳥は枝に飛び移れますが、広げた翼にはまだ隙間が見えていました。 黄色い嘴とぽあぽあとした姿が、とても可愛らしいです。
  
 
宮橋
 
5月9日(土)
 
長田谷津
 
エゴノキ
 
数輪咲き始めました。イヌザクラ、ニガキはそろそろ終わりで、ニセアカシア、ミズキは散り始めました。
  
 
宮橋
 
5月9日(土)
 
博物館周辺
 
シラカシ
 
数日の雨の後、一気に気温の上がった夕方、建物から出ると、むせるような花の香りがしていました。好みがあるでしょうが、あまり好きな香りではありません。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る