自然観察週報

 2009年5月10日〜5月16日 


〇気象のようす

  初夏の陽気の日もあれば、雷がなったり、雹のような大粒の雨が降ったりと、変化が激しくありました。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
5月12日(火)
 
八幡小学校
 
ヒヨドリ
 
4年生の皆さんと学校内の自然観察をしました。下見の時に見つけておいた鳥の巣から、ヒヨドリが顔を出していて、みんなでびっくりしましたが、そおっと通り抜けました。次のクラスが通った時には、姿は見えませんでした。
  
 
宮橋
 
5月12日(火)
 
八幡小学校
 
アオスジアゲハ
 
クスノキを食べるアゲハの幼虫の話をしていたら、二匹のアオスジアゲハが飛んできて、クルクルと絡み合うようにして飛びまわりました。
  
 
宮橋
 
5月14日(木)
 
小塚山公園
 
ガマズミ
 
林縁の道沿いに咲いていました。エゴノキはそろそろ終わりで、イボタノキは咲きはじめでした。白い花が多い季節です。
 
 
宮橋
 
5月14日(木)
 
堀之内貝塚
 
イヌザクラ
 
広場に面した1本は花がもう終わっていていて、もう一本はまだ残っていました。小さな実がいっぱいついていました。
 
 
宮橋
 
5月15日(金)
 
 
 
富士山
 
前日の大風と湿度が低いためでしょうか、朝、富士山が見えました。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る