自然観察週報

 2009年5月17日〜5月23日 


〇気象のようす

  晴れた日は、日差しは夏を思わせますが、空気のさわやかさに、まだ5月らしさが感じられます。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
5月19日(火)
 
長田谷津
 
ニガナ
 
立入りが規制されている人気のないモミジ山では、ニガナが一面に黄色い花を咲かせていました。
  
 
金子
 
5月19日(火)
 
長田谷津
 
ツマグロヒョウモン
 
咲き始めたイボタノキには、例年どおりツマグロヒョウモンが蜜を吸いに来ていました。
  
 
金子
 
5月19日(火)
 
長田谷津
 
コゲラ
 
親子を見ました。雛鳥の頭にはぽやぽやの灰色の毛が残っていました。
  
 
宮橋
 
5月20日(水)
 
長田谷津
 
ウシガエル
 
三角池に卵がありました。昨日の朝にはありませんでした。まだお腹の大きい?メスと、数匹のオスが水面に浮かんでいました。
  
 
宮橋
 
5月22日(金)
 
長田谷津
 
ウツギ
 
ウツギの白い花が咲き始めました。谷底である自然観察園は少し遅めですが、これからきれいに咲き誇ります。
  
 
金子
 
5月22日(金)
 
長田谷津
 
ヒメジャノメ
 
花盛りのイボタノキで休んでいるヒメジャノメを見つけました。
  
 
金子
 
5月22日(金)
 
長田谷津
 
アリジゴクの巣
 
大きな木の株の根元、雨があたらない場所ではアリジゴクの巣が目立つようになりました。羽化まで、あとひと月程度でしょうか。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る