自然観察週報

 2009年5月31日〜6月6日 


〇気象のようす

  梅雨を思わせるような、すっきりしない空模様でした。

 

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
5月31日(日)
 
長田谷津
 
キセルガイの仲間
 
どんよりした日、斜面林の切り株の上を這っていました。この日はカタツムリもあちこちで動いている姿が見られました。
  
 
金子
 
6月2日(火)
 
長田谷津
 
イボタノキ
 
花が咲いています。ネズミモチ、スイカズラなど白い花が目立ちます。スジグロシロチョウなど白いチョウが集まると、ちょっと幻想的です。
  
 
宮橋
 
6月3日(水)
 
長田谷津
 
ウグイスカグラ
 
赤くておいしそうな実が、たくさんなっていました。
  
 
金子
 
6月3日(水)
 
長田谷津
 
ミドリシジミ
 
曇った日、午前中のわずかな日差しを受けてミドリシジミが翅を開いていました。
  
 
金子
 
6月5日(金)
 
江戸川放水路
 
イカの一種
 
トビハゼ護岸の下流側、妙典樋管前の干潟で生き物観察をしました。いつもと同じ生き物がたくさん見つかったなかで、ごく小さなイカの赤ちゃんを取った子どもがいました。
  
 
金子
 
6月5日(金)
 
江戸川放水路
 
ボラ
 
江戸川放水路は全体に赤潮気味で、コーヒー牛乳のような色になっていました。酸欠気味なのか、ボラの子が苦しそうに水際に集まって来ていました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る