自然観察週報

 2009年6月28日から7月4日


〇気象のようす

  曇りがちで、雨もよく降りました。今年の梅雨は、きちんと雨が降って順調な梅雨のようです。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
6月28日
日曜日
 
長田谷津
 
ヒメギス
 
成虫の姿が目につくようになりました。草刈りをすると、隠れていたヒメギスが姿をあらわしました。
  
 
金子
 
6月30日
火曜日
 
旧江戸川
 
カワアナゴ
 
漁師さんから連絡をもらって引き取りにいきました。旧江戸川に設置したしかけ(ぼさ)に入っていたそうです。立派なカワアナゴでした。はじめて見ました。
  
 
金子
 
7月1日
水曜日
 
長田谷津 
 
オニヤンマ
 
オニヤンマ水路で羽化していました。これから、オニヤンマの季節がはじまります。
  
 
金子
 
7月3日
金曜日
 
長田谷津 
 
ヒキガエル
 
今年生まれのヒキガエルは2センチメートルくらいの大きさになって、斜面林の林床を歩いていました。
  
 
金子
 
7月3日
金曜日
 
長田谷津 
 
アオダイショウ
 
獲物を飲み込んでお腹がふくらんだアオダイショウを見つけました。捕まえて小学生に触らせてあげましたが、アオダイショウは迷惑そうでした。
  
 
金子
 
7月4日
土曜日
 
動植物園上空
 
オオタカとヒヨドリ
 
梅雨の晴れ間ののぞいた明るい夕方。駒形大神社の上空から長田谷津方向へ上空を旋回しながらしだいに北上してきたオオタカをヒヨドリが見つけました。
ヒヨドリは、5羽が周辺から飛び立って、オオタカに鳴きながら繰り返しモビングしていました。
この時、周辺にいるハシボソガラスやハシブトガラスは、まったくオオタカに反応しませんでした。
  
 
須藤

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る