自然観察週報

 2009年8月23日から8月29日


〇気象のようす

  厳しい残暑が続きました。でも、木陰を吹き抜ける風はさわやかです。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
8月25日
火曜日
 
長田谷津
 
アサギマダラ
 
咲き始めたヒヨドリバナに、シロチョウ類に混じってアサギマダラが来ていました。やや小さめでしたが、きれいな翅をしていました。マーキングはありませんでした。
  
 
金子
 
8月28日
金曜日
 
長田谷津
 
アオスジアゲハ
 
厳しい残暑の日、湿地の整備で掘り上げてもらった泥にアオスジアゲハが来て水を飲んでいました。青い模様を陽光が透かしていてきれいでした。
  
 
金子
 
8月28日
金曜日
 
長田谷津
 
オトコエシ
 
この季節は閉まっているモミジ山をあるくと、オトコエシが咲いていました。オミナエシの黄色とはちがう趣があります。オミナエシも見られるといいのですが。
  
 
金子
 
8月28日
金曜日
 
長田谷津
 
キツネノマゴ
 
キツネノマゴが咲き出しました。淡いピンクの花がきれいです。写真に収めましたが、あのピンク色はなかなか写ってくれませんでした。
  
 
金子
 
8月28日
金曜日
 
長田谷津
 
ツユクサ
 
なかなか咲き出さなくてやきもきしましたが、やっと花時を迎えたようです。さわやかな青にほっとしました。
  
 
金子
 
8月28日
金曜日
 
長田谷津
 
ツルマメ
 
ツル草の花が目立ちます。特にツルマメやスズメウリは多いようです。ヤブガラシやアマチャヅル、ヘクソカズラ、クズ、ヒヨドリジョウゴなども咲いていました。
  
 
金子
 
8月28日
金曜日
 
長田谷津
 
マツカサススキ
 
毎年咲くあたりで今年も咲きました。湿地の遷移が進んでいる関係で、中・大型のカヤツリグサ科の種類が単調になってきていて少し寂しいです。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る