自然観察週報

 2009年9月6日から9月12日


〇気象のようす

  空気の涼しさに、誰もが秋を実感する陽気でした。
晴れたり曇ったりと天気は変化しました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
9月6日
日曜日
 
長田谷津
 
ツリフネソウ
 
ツリフネソウが見ごろになりました。でも、日なたの株は少し縮れた感じで、イマイチでした。日陰の株は、きれいでした。
  
 
金子
 
9月6日
日曜日
 
長田谷津
 
ヤブタバコ
 
今年は噴水池の園路に沿って群生しています。花は地味ですが秋を告げる野草なので、歩く方が気づいてくれるといいですね。
  
 
金子
 
9月6日
日曜日
 
長田谷津
 
ミソハギ
 
もう9月なのに、まだミソハギががんばって咲いています。まだまだきれいで楽しめます。
  
 
金子
 
9月8日
火曜日
 
長田谷津
 
オオスズメバチ
 
巣の入口に雄バチが集まっていました。中から大型の個体が出てきました。新女王蜂でしょうか、すぐに飛び立って行きました。
  
 
宮橋
 
9月8日
火曜日
 
長田谷津
 
セミの鳴き声
 
朝7時頃、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシの4種類のセミの声が同時に聞こえていました。日差しが強くなると、アブラゼミの声ばかりになりました。
  
 
宮橋
 
9月8日
火曜日
 
鑑賞温室(長田谷津)
 
スズメガ類の幼虫
 
10センチメートルもあるような大きな幼虫が、何匹も温室中庭のアメリカデイゴの葉をシャクシャクと音を立てて食べていました。下に落ちている糞も特大です。
  
 
宮橋
 
9月12日
土曜日
 
坂川旧河口
 
フジバカマ
 
ちょうど見ごろになっていました。今年は群落がまばらで、例年の豪華さはありませんでした。
  
 
金子
 
9月12日
土曜日
 
坂川旧河口
 
ゴイサギ
 
雨降りの日、坂川の旧河道にゴイサギの幼鳥がいました。水に沈んだ木などの上に3羽がたたずんでいました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る