自然観察週報

 2009年9月13日から9月19日


〇気象のようす

  すばらしい秋晴れの日がありました。
日々の天気は変化が激しい週でした。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
9月13日
日曜日
 
坂川旧河口
 
シロバナサクラタデ
 
秋の草が生い茂った土手で、白い花を咲かせていました。今年はサクラタデは見られませんでした。
  
 
金子
 
9月13日
日曜日
 
坂川旧河口
 
キクイモ
 
キクイモがちょうど満開でした。遠目でも黄色い花がよく目立っていました。
  
 
金子
 
9月15日
火曜日
 
長田谷津
 
ヤマガラ
 
ヤマガラの声がしたので振り向くと、たわわに実ったエゴノキの実をつまんでは斜面林の茂みの中に運んでいました。季節の節目を感じさせる光景でした。
  
 
金子
 
9月15日
火曜日
 
長田谷津
 
カワニナ
 
飼育しているヘイケボタルの幼虫の餌用に、流れでカワニナを拾いました。大きなものばかりでなく、小さなカワニナが石にたくさんついていました。
  
 
金子
 
9月17日
木曜日
 
中山
 
ナガサキアゲハ
 
柑橘類の木にメスが来ていました。動作を見ていると、産卵しているように見えました。
  
 
金子
 
9月17日
木曜日
 
長田谷津
 
ミゾソバ
 
少し咲いていました。でもまだ、ツリフネソウやツユクサの方が目を引きます。
  
 
金子
 
9月17日
木曜日
 
長田谷津
 
イオウイロハシリグモ
 
生まれたばかりの子グモたちが集まる巣「まどい」が、あちこちで見られました。つっつくと、いっせいに散らばっていきました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る