自然観察週報

 2009年11月1日から11月7日


〇気象のようす

 

初冬の寒さという日がありました。小春日和の日もありました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
11月1日
日曜日
 
長田谷津
 
アブラゼミ
 
数日、夏日に近づく暖かい日が続きました。林の数ヵ所からアブラゼミの鳴き声が聞こえました。
  
 
宮橋
 
11月1日
日曜日
 
長田谷津
 
オカヨシガモ
 
噴水池のカルガモの集団の中に、メスが1羽ひっそりと混じっていました。噴水池には、カルガモがすでに30羽以上集まっていますが、なかなか他の種類のカモは来てくれません。三角池では、同じ枝に止まった2羽のカワセミが1時間近く動かず、そちらにはカメラがたくさん向いていました。
  
 
宮橋
 
11月1日
日曜日
 
長田谷津
 
クロコノマチョウ
 
ジュズダマの株上で羽化していました。近くには、もうひとつ蛹がありました。
  
 
宮橋
 
11月1日
日曜日
 
長田谷津
 
アサギマダラ
 
1匹が飛んでいました。ヒラヒラというようりはずっと素早くて、あっという間に見失ってしまいました。
  
 
宮橋
 
11月2日
月曜日
 
北方町
 
サギの仲間
 
大柏橋の上流、左岸の県立市川東高校方面から流れてくる大きな水路の暗闇と川面の間を行き来する、アオサギ1羽ダイサギ1羽、コサギ2羽がいました。
  
 
宮橋
 
11月7日
土曜日
 
下新宿
 
ジョウビタキ
 
行徳の古い住宅地で、飛び去る姿を見かけました。オレンジ色がきれいでした。冬の到来を実感します。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る