自然観察週報

 2009年11月15日から11月21日


〇気象のようす

 

ぐずついた天気が続く中、ほっとする晴れ間がありました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
11月15日
日曜日
 
長田谷津
 
ナシ
 
梨畑のナシが黄葉していました。一枚を手に取ると、厚みのある質感の葉が黄色く染まっていました。
  
 
金子
 
11月15日
日曜日
 
長田谷津
 
ツタ
 
ツタの紅葉はだいたい終わっていましたが、這い上がった木の幹に赤く色づいた葉柄だけがつんつん残っていて、おもしろい景観でした。
  
 
金子
 
11月15日
日曜日
 
長田谷津
 
コナラ
 
コナラのどんぐりから伸びた根っこは地中深く潜っていました。30センチメートル近い長さになっていました。
  
 
金子
 
11月20日
金曜日
 
長田谷津
 
ルリタテハ
 
冷たい雨の翌日の快晴の日、クヌギの樹液を求めてか、ルリタテハの姿がありました。
  
 
金子
 
11月20日
金曜日
 
長田谷津
 
ナシ
 
ナシの黄葉がきれいでした。畑によって、葉っぱがすべて落ちた場所もありましたが、きれいな場所もありました。
  
 
金子
 
11月21日
土曜日
 
大町
 
カラス
 
道端のカキの木に数羽が来ていました。きれいに色づいた柿は、カラスにとってもご馳走なのでしょう。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る