自然観察週報

 2000年9月10日〜9月16日 


〇気象のようす

   台風の影響で雨降りでした。東海地方、特に名古屋付近では堤防の決壊などがあり、大きな被害がでました。噴火している三宅島も、全島避難となりました。

 

月 日

場 所

生物名 で き ご と 観察者
 
9月10日
(日)
 
 
自然観察園
 

 
サワガニ
 

 
メスがおなかに抱えていた卵
(8月28日参照)は、かえっていました。サワガニはプランクトン時代を卵の中で済ませるので、かえった時には小さなカニの形をしています。メスのおなかで守られていました。

自然観察会にて
 

 
金 子
宮 橋
 

 
9月10日
(日)
 
 
自然博物館内
 

 
ヤモリ

 
博物館の階段で小さなヤモリを見つけました。時々、見つかることがあるので、たぶん、博物館に住んでいるのだと思います。
 

 
金 子
 

 
9月14日
(木)
 
 
柏井雑木林

 
カラカサタケ
の一種
 

 
地面からニュッと伸びてきて、白い目立つ傘をひろげます。伸びはじめのものや、終わりかけのものなど、いろいろな状態が見られました。
 

 
金 子
小 川
 

 
9月16日
(土)
 
 
大町公園付近
 
 
クツワムシ
 
 
虫の声を聴こうという行事で、いろいろな秋の虫を観察しました。クツワムシは間近で見られたほか、参加者の子どもが飼育ケースにいれておいたやつが、CDのクツワムシの声に反応して室内で鳴きだしました。
 
 
金 子
 


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る