自然観察週報

 2010年1月3日から2010年1月9日


〇気象のようす

 

新年は好天に恵まれました。
北風は冷たいですが、風がなければ暖かです。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
1月5日
火曜日 
 
江戸川
 
ヒドリガモ
 
京成線より上流側に、100羽以上のヒドリガモの群れがのんびりと水に浮かんでいました。ペアごとに水面から出たテトラポットの上にも乗っていました。群れにはオオバンやカワウなどが混じっていました。対岸の東京側からは時折ユリカモメの群れが飛び立ち旋回していました。
  
 
宮橋
 
1月5日
火曜日 
 
江戸川
 
ホオジロ
 
江戸川沿いを歩いて、いろいろな小鳥たちに出会いました。メジロ、エナガ、シジュウカラ、ジョウビタキ、ウグイス、スズメ。ホオジロのきれいなオスも間近に見ることができました。
  
 
金子
 
1月5日
火曜日 
 
坂川旧河口付近
 
オオイヌノフグリ
 
地面に張り付くようにして、花を咲かせていました。そのほかにもホトケノザなどの春の野草の苗が生き生きしていました。
  
 
宮橋
 
1月5日
火曜日 
 
国府台4丁目
 
ロウバイ
 
住宅地を歩くと、ちょうど満開のロウバイが目に入りました。通り過ぎると、後から甘い香りが漂ってきました。
  
 
金子
 
1月7日
木曜日 
 
長田谷津
 
ロウバイ
 
長田谷津でもロウバイがきれいに咲きだしました。黄色い体のアオジが数羽止まっていましたが、花を狙ってというわけではなさそうでした。
  
 
宮橋
 
1月7日
木曜日 
 
長田谷津
 
アオサギ
 
園路から2メートルと離れていない湿地で餌を探していました。来園者の方が傍を通っても飛び立とうとはしませんが、お互いがなんとなく遠慮がちなというか知らん振りを装っている姿が、のどかでほほえましく見えました。
  
 
宮橋
 
1月7日
木曜日 
 
長田谷津
 
カシラダカ
 
1群5羽が高い梢の先に止まっていました。単独でアオジに混じって湿地で採餌している姿は見かけましたが、カシラダカだけの群れは久しぶりです。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る