自然観察週報

 2010年1月10日から2010年1月16日


〇気象のようす

 

強い冬型の気圧配置になりました。
日本海側は大雪で、関東は冷たい空気に包まれました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
1月10日
日曜日 
 
長田谷津
 
エナガ
 
ハンノキ林でエナガの群れに遭遇しました。地面に下りたり枝づたいに移動したりと、何羽もがにぎやかでした。シジュウカラやコゲラも近くにいました。
  
 
金子
 
1月10日
日曜日 
 
長田谷津
 
オオイヌノフグリ
 
日だまりでは咲いていました。タネツケバナやノミノフスマも少し咲いていて、アオキも芽が割れてつぼみが顔をのぞかせていました。
  
 
金子
 
1月10日
日曜日 
 
長田谷津
 
オオタカ
 
上空を飛んでいたオオタカを見つけたので眺めていたら、あれよあれよと谷に降りてきてヒヨドリにアタックをかけました。失敗でした。
  
 
金子
 
1月10日
日曜日 
 
長田谷津
 
アオサギ
 
湿地の園路から近いところにアオサギがいました。観察していた方によると、枯れ葉の中のイナゴを捕まえて食べたそうです。
  
 
金子
 
1月11日
月曜日 
 
奉免町
 
フクロウ
 
昨年(2009年)12月5日、松風園でうずくまっているフクロウを地元の方が1月7日に動物園に届けてくれました。最初は弱っていたのが、今ではいっぺんにマウスを4匹も食べるほど元気になっているそうです。
  
 
宮橋
 
1月16日
土曜日 
 
長田谷津
 
ハンノキ
 
日当たりの良さそうな場所から、花が咲き出しました。谷底を抜ける風にふわりとゆれていました。
  
 
宮橋
 
1月16日
土曜日 
 
長田谷津
 
アオジ
 
湿地の表面を蓋う枯れた草は、霜でぱりぱりしています。その下の空間をアオジやシジュウカラ、ウグイスが通りぬけて行きました。
  
 
宮橋
 
1月16日
土曜日 
 
長田谷津
 
霜柱
 
寒い日が続いています。霜で湿地は真っ白で、池の一部が凍っています。日陰では霜柱が、数段重なっていました。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る