自然観察週報

 2010年2月14日から2010年2月20日


〇気象のようす

 

暖かかった1月にくらべ2月は寒い日が多かったです。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
2月16日
火曜日 
 
国府台緑地
 
オオハナワラビ
 
何株か、見られました。胞子葉はもう大半が枯れてしまったようで、栄養葉が目立ちました。
  
 
金子
 
2月16日
火曜日 
 
国府台緑地
 
コウヤボウキ
 
葉を落とした細い枝先に、枯れた総苞がいくつも残っていました。それはそれで、ドライフラワーのようで趣がありました。
  
 
金子
 
2月16日
火曜日 
 
じゅんさい池緑地
 
コゲラ
 
林内をギーと鳴きながら飛んだコゲラが、枯れた枝の穴に入っていきました。
  
 
金子
 
2月16日
火曜日 
 
じゅんさい池緑地
 
マガモ
何羽ものマガモ(オス、メス)が、オオフサモの生えた湿地に嘴をつっこんで餌をあさっていました。近くを通っても、まったく動じませんでした。
  
 
金子
 
2月19日
金曜日 
 
長田谷津
 
ウグイスカグラ
 
冬芽がほころんで、ピンク色が見えていました。開花が楽しみです。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る