自然観察週報

 2010年2月28日から2010年3月6日


〇気象のようす

 

今年は2月から寒暖の差が激しいようです。
暖かくなる時はとても暖かく、でもすぐに真冬の寒さに戻ります。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
3月2日
火曜日 
 
長田谷津
 
ウグイスカグラ
 
去年、大きく刈り込まれた株では新しい枝が伸び、花芽がたくさんついていました。ひとつ、ふたつ、咲いていました。
  
 
金子
 
3月2日
火曜日 
 
長田谷津
 
マユミ
 
例年どおり、いち早くマユミが芽吹きました。ニワトコも芽吹いてつぼみが顔をのぞかせました。
  
 
金子
 
3月6日
土曜日 
 
長田谷津
 
ヒキガエル
 
啓蟄の日。冷たいとは言っても春の気配が感じられる雨の中、三角池にヒキガエルが集まりだしていました。ゲコゲコと鳴き、中にはすでにメスに群がって団子状態になっているものもいました。誰もいない雨降りの静かな観察園で、ヒキガエルだけが活動的な存在でした。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る