自然観察週報

 2010年3月14日から2010年3月20日


〇気象のようす

 

3月に入って暖かい日が増えてきました。
16日は都内で気温が20度を超しました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
3月16日
火曜日 
 
八幡5丁目
 
カンヒザクラ
 
毎年見事な花を咲かせるカンヒザクラが、ちょうど満開でした。居合わせた方が、今年は遅かったとおっしゃっていました。2月が冷えた分、いろいろな花が3月に一度に見られます。
  
 
金子
 
3月16日
火曜日 
 
八幡5丁目
 
カワセミ
 
真間川にかけられた仮設橋から川面を見下ろしていたら、ちょうど真下をカワセミが飛んでいきました。
  
 
金子
 
3月16日
火曜日 
 
本北方1丁目
 
ハクモクレン
 
木がたくさん植わっているお庭のハクモクレンが、ちょうど見ごろになっていました。まっすぐな路地のずいぶん手前から見通せて素敵でした。
  
 
金子
 
3月16日
火曜日 
 
八幡5丁目
 
カワウ
 
真間川沿いの道の電信柱のてっぺんにカワウが止まっていました。奇妙な光景に感じました。
  
 
金子
 
3月16日
火曜日 
 
東菅野3丁目
 
ミモザ
 
民家の庭でミモザの花がきれいに咲いていました。フサアカシアかギンヨウアカシアかは、わかりませんでした。
  
 
金子
 
3月18日
木曜日 
 
長田谷津
 
コブシ
 
場所によっては、八分咲きぐらいになってきて、斜面が白くなってきました。サンシュユ、ウグイスカグラ、湿地ではキツネノボタンやタネツケバナが咲き出しました。
  
 
宮橋
 
3月18日
木曜日 
 
長田谷津
 
ルリタテハ
 
温室前の石の上で日向ぼっこをしていました。成長で越冬しますが、ひと冬越した割には傷ついていないきれいな羽でした。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る