自然観察週報

 2010年4月4日から2010年4月10日


〇気象のようす

 

桜が満開でも肌寒い日がけっこうありました。
いっぽうで春前回のうららかな日もありました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
4月4日
日曜日 
 
長田谷津 
 
エナガの巣
 
生き物に詳しい方に、前日の強風でエナガの巣が落ちてしまったと教えていただきました。まだ産卵前だったそうで、もういちどチャレンジしてくれるといいですね。落ちた巣は博物館で回収してしまってあります。
  
 
金子
 
4月4日
日曜日 
 
長田谷津 
 
ヤマザクラ
 
斜面のヤマザクラが咲き出しました。薄茶色の芽吹きと薄ピンクの花がきれいでした。
  
 
金子
 
4月4日
日曜日 
 
長田谷津 
 
ノミノフスマ
 
エコアップ池の畦で、だいぶ咲いていました。畦一面がふわふわと白くなるのが楽しみです。
  
 
金子
 
4月9日
金曜日 
 
長田谷津
 
センダイムシクイ
 
枝の先端でさえずっていました。「焼酎一杯グィー」と聞きなしする独特の鳴き声です。飛び去った後は、声は聞こえませんでした。市内には、わたりの途中に立ち寄る種です。冬鳥のツグミの仲間やアオジなどもすくなくなってきました。
  
 
宮橋
 
4月9日
金曜日 
 
長田谷津
 
 
畑で花が咲き出しました。木によって咲いたり、まだなのは、品種の違いなのだそうです。
  
 
宮橋
 
4月9日
金曜日 
 
長田谷津
 
ニホンミツバチ
 
巣から盛んに出入りしていました。同じ斜面の木の洞に作った巣を、もう何年も使っています。今年も無事に冬越ししたようです。
  
 
宮橋
 
4月9日
金曜日 
 
長田谷津
 
ヒヨドリ
 
満開のソメイヨシノの枝で、ミツバシらき虫をくわえていました。花に来ていたのを捕まえたようですが、くわえたままきょろきょろとして、見ている間には飲み込みませんでした。
  
 
宮橋
 
4月9日
金曜日 
 
長田谷津
 
ミツガシワ
 
噴水池で花が咲き出しました。冬中、目立っていたグロテスクにも見える太い根は葉で隠れ、白い穂状の花が立ち上がっています。園路から距離があるので近づいて見られないことが残念です。
  
 
宮橋
 
4月10日
土曜日 
 
長田谷津 
 
シオヤトンボ
 
うららかな春の日、シオヤトンボがうわっと出てきました。園路を歩く親子連れでも簡単に見つけられていました。
  
 
金子
 
4月10日
土曜日 
 
長田谷津 
 
スナヤツメ
 
いつもの水路に成魚2匹を確認しました。産卵行動は見られませんでした。午後の観察だったせいか、1匹は砂にもぐって隠れていました。
  
 
金子
 
4月10日
土曜日 
 
長田谷津 
 
マシジミ
 
水路を歩くと、マシジミの開いた水管の穴「マジジミの目」がいくつもありました。かつて多数生息していた場所で、とられた?もしくは大水で流された?で、いなくなった場所です。どれも小さなサイズでしたが、復活してくれてうれしいです。
  
 
金子
 
4月10日
土曜日 
 
長田谷津 
 
ヒトリシズカ
 
園路のすぐ脇でかわいらしく咲いていました。踏まれてしまいそうなので、木の枝で囲いました。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る