自然観察週報

 2010年5月30日から2010年6月5日


〇気象のようす

 

晴れの日の日差しは強くなりました。
ただ、上空の冷気の影響で空気は冷たく感じられました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
6月1日
火曜日 
 
中山2丁目
 
アオスジアゲハ
 
崖に沿った道を歩いていたら、斜面から枝垂れたイボタノキが満開で、そこにアオスジアゲハが来て蜜を吸っていました。
  
 
金子
 
6月3日
木曜日 
 
大町
 
ホトトギス
 
少年自然の家付近を歩いていたら、少し遠くからホトトギスの声が聞こえました。この時期、市内で時たま聞かれる声です。
  
 
金子
 
6月4日
金曜日 
 
長田谷津
 
ウツギ
 
花が咲いていました。白い花がたっぷりと咲くので、茂みが白くてこんもりしています。イボタノキ、ガマズミなどの白い花も花盛りです。エゴノキはそろそろ終わりです。
  
 
宮橋
 
6月4日
金曜日 
 
長田谷津
 
カヤツリグサ科
 
ウキヤガラ、フトイ、ゴウソ、オニスゲなどの花や実が目立ちはじめました。
  
 
宮橋
 
6月5日
土曜日  
 
長田谷津
 
ミドリシジミ
 
朝が涼しくて曇っていたせいか、ミドリシジミが草の葉の上で翅を広げたままじっとしていました。至近距離から見られる場所だったので、絶好の被写体になっていました。やがて体温が上がったのか、飛び立ちました。
  
 
金子
 
6月5日
土曜日  
 
大町
 
ツル植物
 
長田谷津を上がった場所のフェンスには、いろいろなツルがからんでいました。スイカズラ、ヤブガラシ、へくそが図ら、サルトリイバラ、エビヅル、アケビなどでした。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る