自然観察週報

 2010年6月20日から2010年6月26日


〇気象のようす

 

梅雨にもかかわらず、思ったほどに雨は降りませんが、湿度が高くじっとりしています。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
6月22日
火曜日 
 
長田谷津
 
ドクダミ
 
ちょうど満開でした。自然観察の小学生も名前だけはよく知っていて、花がきれいだね、というと、そうだねと言っていました。
  
 
金子
 
6月22日
火曜日 
 
長田谷津
 
ケアリ類
 
コンクリートの園路の左右端をケアリ類が大行進していました。自然観察の小学生は、園路の端を行儀良く歩いていることに感心していました。
  
 
金子
 
6月24日
木曜日 
 
長田谷津
 
ノブドウ
 
花が咲き始めました。とても地味な花ですが、蜜が多いのか、スジグロシロチョウがたくさん留まっていました。アカメガシワの花にも蜂が集まっていましたが、ノブドウの方が多く来ていました。
  
 
宮橋
 
6月24日
木曜日 
 
長田谷津
 
オニヤンマ
 
オニヤンマ水路で、抜け殻を2個、脱皮したての成虫1頭を見ました。
  
 
宮橋
 
6月24日
木曜日 
 
長田谷津
 
チダケサシ
 
ピンク色の可愛らしい花が咲き出しました。ボランティアの方が、まわりの草を刈ってくださったので、園路から離れた中央水路沿いでも良く見えます。
  
 
宮橋
 
6月24日
木曜日 
 
長田谷津
 
ムラサキシキブ
 
ピンク色の花が咲いています。もう散り始めていて、地面にピンクの点が散っています。
  
 
宮橋
 
6月24日
木曜日 
 
長田谷津
 
ホタルブクロ
 
斜面沿いの道の脇で、数年前から見守っている株が咲き出しました。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る