自然観察週報

 2000年10月1日〜10月7日 


〇気象のようす

   すっかり秋らしくなりました。秋としては、順調な気象でした。

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
10月1日
(日)
 
 
自然博物館前
 
 
アサギマダラ
 
 
事務所の窓から、ヒラヒラと飛ぶ姿が見えました。旅をする蝶としてよく知られています。
 
 
金 子
 
 
10月2日
(月)
 
 
自然観察園
 
 
ハリギリ
 
 
白っぽいような黄色っぼいような花を咲かせています。ヤツデと同じような花で、蜜を取りやすいのでいろいろな虫が来ています。
 

 
金 子
 

 
10月2日
(月)
 
 
自然観察園
 
 
ネムノキ
 
 
花は当然終わっていて、葉も落ちてしまいましたが、実がたくさんついています。茶色なので一見すると枯れ葉のようですが、よく見るとマメのさやの形をしています。
 

 
金 子
 

 
10月4日
(水)
 
 
自然観察園
 
 
モンキチョウ
 
 
自然観察園の湿地に咲いているミゾソバの花で吸蜜していました。自然観察園で、この蝶の姿を見たのは約1年7ヵ月ぶりのことです。
 

 
清 野
 

 
10月7日
(土)
 
 
市民プール前
 
 
モズ
 
 
駐車場のケヤキの梢で高らかに鳴いていました。大柏調節池内や周辺には草原が多く、餌となるイナゴやカナヘビがたくさんいます。モズにとっては、かなり住みよい場所です。
 
 
金 子
 


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る