自然観察週報

 2010年8月8日から2010年8月14日


〇気象のようす

 

9日から朝から雨で、久しぶりに猛暑日になりませんでした。
春の天候不順で、梨が直売所の店頭に並びません。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
8月13日
金曜日 
 
大町
 
ツクツクボウシ
 
梨畑に広がる大町の夏は、セミの声がにぎやかです。無数のアブラゼミに混じって、ツクツクボウシの声が聞かれました。
  
 
金子
 
8月13日
金曜日 
 
大野町4丁目
 
クマゼミ
 
浜道のNTT無人局の敷地の針葉樹で、クマゼミが鳴いていました。ごく近くで聞きましたが、姿はわかりませんでした。
  
 
金子
 
8月14日
土曜日 
 
長田谷津
 
オニヤンマ
 
大町門下、いつも小学生に湧き水の生まれるところだよ、と教えている湧き出し口で、オニヤンマが産卵していました。水路を上がってきたオスが、連結して連れ去ってしまいました。
  
 
金子
 
8月14日
土曜日 
 
長田谷津
 
ウシガエル
 
エコアップ池に夏前からウシガエルがいましたが、この日、水面に浮かぶ卵塊を見つけました。一見するとヘビ皮のような模様になっていました。観察会があるので、それが終わったら取り除きます。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る