自然観察週報

 2010年8月29日から2010年9月4日


〇気象のようす

 

今年の夏(6月〜8月)の日本の平均気温は過去最高(平年差1.64度)を記録し、東日本も過去最高だったそうです。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
8月29日
日曜日 
 
長田谷津
 
キイトトンボ
 
草が茂り、水辺が埋まっていたエコアップ池。ボランティアの方に手入れしていただいて開けた水面の環境が戻ると、キイトトンボがふわふわとやってきました。
  
 
金子
 
8月29日
日曜日 
 
長田谷津
 
ミズタマソウ
 
湿地のツリフネソウの群落に混じって、何株も咲いていました。近づいてみると、小さな白い花と丸い子房が可愛らしい感じでした。
  
 
金子
 
9月4日
土曜日 
 
長田谷津
 
ノキシノブ
 
今年の夏は酷暑に加えて、雨がまったく降りません。自然観察園のあずまやの屋根やシラカシの幹に生えているノキシノブは、水切れで細く縮れてしまいました。
  
 
金子
 
9月4日
土曜日 
 
長田谷津
 
ツユクサ
 
ヨシが枯れてしますほどの暑く強い日差しの中、湿地のツユクサは少しずつ咲き始めました。暑さを忘れさせてくれる、さわやかな青色が目に染みます。
  
 
金子
 
9月4日
土曜日 
 
長田谷津
 
サワガニ
 
サワガニのメスが、お腹に子ガニを抱えていました。ちょうど、そういう時期です。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る