自然観察週報

 2010年9月12日から2010年9月18日


〇気象のようす

 

9月13日の夜に激しい雷雨となりました。
時間降雨量38ミリメートル(船橋アメダス)で、9月8日に続き各所で冠水しました。
その後、秋の空気が入ってぐっと涼しくなりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
9月12日
日曜日 
 
坂川旧河口
 
クズ
 
ちょうど満開でした。離れたところまで甘い香りが漂って来ました。木に覆いかぶさるような勢いで繁茂していました。葉の陰に花序がいくつもあって咲いていました。
  
 
金子
 
9月12日
日曜日 
 
坂川旧河口
 
フジバカマ
 
咲き始めでした。今年は株が減ってしまっていて、群落は全体に貧相な感じでした。トウネズミモチが茂って陰になっていることが関係ありそうです。
  
 
金子
 
9月12日
日曜日 
 
坂川旧河口
 
ヤハズソウ
 
河川敷に小さな群落がありました。ピンク色の花がいくつも咲いていました。
  
 
金子
 
9月15日
水曜日 
 
長田谷津
 
サシバ
 
やっと姿を見せました。ごく低空を帆翔したので小学生でも確認できました。この日はハイタカらしい姿も見かけました。
  
 
金子
 
9月17日
金曜日 
 
三番瀬
 
コショウダイ
 
いつも変わった魚やカニを提供してくださる漁師さんから、はじめて見る魚だ、と連絡をいただきました。コショウダイの幼魚でした。以前、大規模な青潮が発生した時に江戸川放水路で見たことがあったので訊ねたら、やはり海の水の状態がよくないとのことでした。博物館の水槽は賑やかになりましたが、大規模な青潮が発生しないか心配です。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る