自然観察週報

 2010年10月24日から2010年10月30日


〇気象のようす

 

秋雨前線の影響でぐずついた天気の週でした。
前線と、北上する大型で猛烈な台風13号の影響で奄美大島では大雨が降り災害になりました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
10月26日
火曜日 
 
長田谷津
 
コバネイナゴ
 
気温が低くなり、昆虫の姿を見なくなりました。そんな中、コバネイナゴはよくめにつきました。成虫越冬のクビキリギリスも草に潜んで元気でした。
  
 
金子
 
10月29日
金曜日 
 
長田谷津
 
カラスウリ
 
それまで葉っぱと見分けがつきにくかったカラスウリの実が、赤く色づいてきて目立つようになりました。バラ園のアラカシの垣根にずらっと実がならんでいました。
  
 
金子
 
10月29日
金曜日 
 
長田谷津
 
ウシガエル
 
バラ園の中央水路を眺めていたら、オタマジャクシから変わって間もない小さなウシガエルがいました。数年育った大きなウシガエルとちがって、かわいらしい感じでした。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る