自然観察週報

 2010年11月14日から2010年11月20日


〇気象のようす

 

夜は空気が冴え、月がきれいに見えます。
市川あたりでも木々の葉が色づきはじめました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
11月16日
火曜日 
 
長田谷津
 
アキアカネ
 
谷に日がまわってくると飛び始めました。連結して飛ぶ姿もありました。
草むらでは、コバネイナゴが元気でした。
  
 
金子
 
11月16日
火曜日 
 
長田谷津
 
コブシ
 
強い冷え込みと雨の後、コブシの木はすっかり葉を落としていました。他の落葉樹より早いのですね。
  
 
金子
 
11月18日
木曜日 
 
長田谷津
 
トラツグミ
 
ツグミの仲間の姿がなかなか見られずにいました。いきなり、見つけづらいトラツグミが枝にとまっていました。日が当たり、黄金色の斑点が美しい姿でした。シロハラも飛び立つ姿が見られました。
  
 
宮橋
 
11月18日
木曜日 
 
長田谷津
 
オオタカ
 
小雨の上がった朝、三角池の奥の林から飛び出してきました。池の上空で反転し、再び林の中を抜けて戻り、あっという間に台地上に飛び去りました。木々の間を素早くすり抜け、かっこよかったです。
  
 
宮橋
 
11月18日
木曜日 
 
長田谷津
 
ウシガエル
 
湧水を流すパイプの中に収まって顔だけ出していました。霜が降りるようになると、春まで冬眠です。
  
 
宮橋

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る