自然観察週報

 2010年12月19日から2010年12月25日


〇気象のようす

 

12月21日、せっかくの皆既月食は、雲に覆われ見えませんでした。
週末にクリスマス寒波が到来して冷え込みました。

 

月日 場所 生物名 できごと 観察者
 
12月19日
日曜日 
 
長田谷津
 
ヤブコウジ
 
常緑樹が多い園路沿いの斜面林で、何本かの常緑樹を切りました。明るくなった林床で、ヤブコウジの可愛らしい赤い実が見つかりました。
  
 
金子
 
12月21日
火曜日 
 
長田谷津
 
ジャノヒゲ
 
斜面林を歩くと、足元のジャノヒゲの株に実がついていました。低い位置から眺めると、青い実がきれいでした。
  
 
金子
 
12月21日
火曜日 
 
長田谷津
 
クサガメ
 
暖冬気味のせいか、クサガメ(若い個体)が、エコアップ池をうろうろしていました。さすがに動きは鈍く、簡単に捕まえられました。
  
 
金子
 
12月24日
金曜日 
 
大町
 
ツルウメモドキ
 
よく行く場所なのに、これまで気づきませんでした。ツルウメモドキの実がなっていて、黄色と朱色の取り合わせが見事でした。
  
 
金子
 
12月24日
金曜日 
 
長田谷津
 
シメ
 
林内を歩いていたら頭上からシメの強い声が聞こえてきました。今年は珍しい野鳥は来ないものの、いつものメンバーがよく目につく気がします。
  
 
金子

 



 

トップページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る