自然観察週報

 2000年10月15日〜10月21日 


〇気象のようす

   木々の色も変わりはじめてきました。秋らしい毎日です。

月 日 場 所 生物名 で き ご と 観察者
 
10月15日
(日)
 
 
江戸川放水路
 
 
クビキリギス
 
 
キリギリスの仲間ですが、成虫で越冬します。立派な成虫が草むらにいました。
 
 
金 子
 
 
10月15日
(日)
 
 
自然観察園
 
 
水の中の生き物
 
 
大野町の子ども会と、観察園の水路整備の作業をしました。その時に、いろいろな大きさのアメリカザリガニ、サワガニ、ドジョウのほか、マシジミ、クサガメを見つけました。
 

 
宮 橋
金 子
 

 
10月19日
(木)
 
 
自然観察園
 
 
アケビ
 
 
一箇所に十数個もの実が熟していました。ヒヨドリとメジロがその実をけんかしながら食べていました。
 

 
宮 橋
 

 
10月19日
(木)
 
自然観察園
 
 
イタチ
 
 
観察園の園路の下は浅い流れになっていて草はあまり生えていません。そこを、人が上を歩いている時に、ピチャピチャと音をたててイタチが通って行きました。獣道として使っているようです。
 
 
宮 橋
 
 
10月19日
(木)
 
 
柏井雑木林
 
 
カトリヤンマ
 
 
市内としては特異的にカトリヤンマが多い池が雑木林の中にあります。すっかり秋らしくなったこの日も、何頭かが見られました。同時にリスアカネも見られました。
 

 
金 子
小 川
 

 
10月19日
(木)
 
 
柏井雑木林
 
 
ショウリョウバッタモドキ
 

 
図鑑では見るもののなかなか本物に出会えない本種を見つけることができました。サトクダマキモドキも、はじめて見つかりました。
 

 
金 子
小 川
 


 

フィールドノートindexページへ戻る  自然観察週報indexページへ戻る